2014年11月16日

真の「引き寄せ」を考える

引き寄せブームに流され、引き寄せという言葉が一人歩きし、さもイメージするだけで何でも手に入るといった楽して棚ぼた的な考えになっているのでは、あまりにも勿体無いと思います。
入口はそうであっても、そこから何パーセントの方が、真の引き寄せにたどり着いて下さったら嬉しい限りです。

では、引き寄せの真の意味とは何でしょうか?
それは、宇宙の摂理であり自然界の法則そのものなのです。
本当はとても簡単な事なのですが、現代社会に当てはめるとどうもやりづらい・・・・と思うものも多々あります。イタチは最も入道入りをしやすい動物です。入道とは「煩悩を断って悟りの境に入ること」となっています。

私はイタチ科のフェレットを飼っているのですが、彼らを見ていると何だかわかる気がします。
やりたい放題、し放題で我慢するという事が出来ない動物です。
犬も飼っているのですが、その差は100と0といった感じです。
我慢しないせいか、怒る事も争う事も無く、3匹のイタチ達は食べ物を取られようが、上に乗って寝ようが
おかまいなし。いつもHappyで各々が興味ある事をして、疲れて団子になって寝るのです。
犬はというと、決められているルールを一生懸命守り、失敗すると申し訳なさそうな顔をして凹んでいます。
そして自分の食べ物をイタチが匂いでも嗅ごうものなら、ウーーーと言って威嚇しています。
もちろん、どちらも可愛いのですが、なぜイタチが入道入りをしやすいのかを考えてみると、「我慢しない」という所に理由がありそうです。犬はしっかり我慢が出来、自分の立ち位置を確認しながら生活しています。その対局にあるのがイタチです。

では、我慢とは何を生むのか?人は我慢する人はキレると怖いと言います。
引き寄せるのに必要なのは楽しいイメージを持つ。ワクワクしながら生きる。
我慢をしなければ、文句も出ない。人にも優しくなれる。ストレスもたまらない。喧嘩にもならない。
悩まない。今に我慢が無く満たされているので強欲にならない。

という事は、「我慢」しない生き方を私たちもすれば良いのかな?と思いますが、我慢しないで生きる事は難しいです。しかし、我慢しない事に近づく事は出来るのではないでしょうか。
例えば、欲しい物があるとします。今は手に入らない。その場合は手に入る方法をワクワクしながら考える。
というのが大切だと思います。悲観的に考えるのではなくワクワクです。
だって、それが手に入る時に一歩一歩近づいているのですから、こんなに楽しい事はないじゃないですか!
人に文句を言いたくなったら、我慢ではなく「この人の言動が私を一歩成長させてくれた!ラッキー!」
もしくは、軽く文句を言ってしまう!我慢強い事を美徳と言われていたのは、人が我慢するような事でもうまく自分の中で消化して、楽しめ幸せに向かって真っ直ぐに生きていくという事ではないかと思います。

一日に一つ、我慢しない事を意識して行動してみては如何でしょうか?
その積み重ねが人を優しくし、朗らかにし、波動が上がりイメージの具現化に繋がる。
つまり、願望を引き寄せるという事だと思います。

自分が自分らしく居られる場所を選び、自分らしく我慢する事が少ない環境を作る事は私たちを創造した神様が一番喜ぶ姿なのです。そして、体の中に詰まったエネルギーの通り道が綺麗になり良いエネルギーをたくさん取り入れていきましょう!そこから引き寄せは始まります。
posted by ∞徳子∞ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。