2014年12月09日

日本の神様は私たちと深く繋がっている

私達は初詣より一年を始めます。誰に言われるまでもなく、身に付いているお正月の習慣です。神社へ行き、今年一年の無病息災、家内安全、商売繁盛を疑う事なく祈ります。

生まれながらに、いいえ、生まれる前より安産の腹帯を神社でお受けし、犬の日に巻き始めます。そして誕生後は名前を半紙に書き、神棚に貼り、お七夜、お宮参り、お箸初め、七五三と成長の節目に何度も神事が行われます。
そのように成長してきた、私達日本人と日本の神様との関係を考えてみたいと思います。

私は以前から神社へ行きたい時は「神様に呼ばれている」と感じておりました。
今、ある神社に21日間の参拝をしようと決めて本日で9日目です。
今までやってきた仕事に大きな変革期が来たと感じ、21日間無心で神様の前で手を合わそうと思ったからです。
そして8日目の昨日、メッセージが来ました。「祈りなさい」と。
そして今日も神社へ出かけようと家を出た所、ある神様が立っていらっしゃいました。
光輝く存在で水色と白の衣装を着けた男性神です。
あれ?っと思いながら、神社に到着するとその神様も一緒に来て下さっていました。
そして帰宅してからもお部屋の中に神様も入って来られました。
私は仕事の変革期という事もあり、壁に目標を書いて(願い事に等しい程の大きな目標)貼っているのですが、神様はそれをジィーっとご覧になっておられます。

「あ!!!そうか。神様は見に来てくれたのですね」とやっと気付きました。
そして、毎日参拝している神社の神様の息子神というのが分かりました。
なぜ分かったかを説明します。
YESの場合は手に触れて下さいとお願いするのです。
何度目かの質問で神様の名前をお聞きすると私の手に超音波のような感覚が走り、指が動き始めました。

私は心から感動しました。
毎日参拝した神様の長男神が来てお守りして下さるなんて、感無量とはこの事です。

折角なので、何度も神様と交信し沢山のメッセージを頂きました。
そして、いつでも、必要な時は私を呼びなさいとおっしゃって頂きました。
頭を両脇から強めに挟まれている感じと波動音が大きく鳴っています。

もう、何の心配も迷いもなく仕事の変革を受け入れる事にします。
そして凄い協力者が現れるという神様からのメッセージを有り難く受け止め、大船に乗ったような安心感と大きな愛に包まれた暖かさの中で、自分のやるべき事を出来る範囲でやっていこう!と穏やかな決心をしました。

大天使様や天使様とも私は繋がりメッセージを頂くのですが、日本の神様にこんなに具体的に目の前にいらして頂いたのは、初めての事です。そして繋がり始めると、指が動き私の人生で神様と関わって来た時の長さと、自然に信じて手を合わせてきた絆を感じます。それほど、日本の神様と繋がった時は深く強烈な感じです。鳥肌が立ち、軽く興奮状態になります。

何か気になるとか、相性が良いと思う神社がありましたら、頻繁に参拝に行くのも
大きなエネルギーワークの一つだと本日は確信致しました。

みなさまも日本の神様と繋がれる、違います。すでに繋がっているパイプを太くして下さい!
そしてこの安心感を是非、味わって頂きたいと思います。
posted by ∞徳子∞ at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。